本文へスキップ

トリミング講座ガイド、業界で求められるトリミングスキルを習得

トリミング講座ガイド

トリミング 学ぶ

トリミング講座ガイドHEADLINE

食べさせてはいけないもの(犬・猫)


タコ・イカ
生の内臓にはビタミンB1分解酵素が多量に含まれているためビタミンB1を破壊し急激な欠乏症を起こします。また、消化も良くありませんので胃腸障害・下痢・便秘などの原因となります。


鳥の骨・鯛などの魚の骨
噛むと鋭く細長く砕けて口の中や喉、内蔵などを傷付けたり、腸内で引っ掛かって腸閉塞の原因ともなりますので与えないようにしましょう。鯛などの大型の魚の骨なども同様に消化器官に傷害をもたらします。


ネギ・タマネギ・ニラ・ニンニク
赤血球を破壊し、ひどい貧血症となり嘔吐・下痢・血尿・横断・肝臓肥大などをおこしますのでネギ類その物はもとよりネギ類のエキスが入ったもの(すき焼き・ハンバーグなど・餃子など)も与えないようにしましょう。


アワビ・サザエ
「猫+アワビ=ドラエモン」などという冗談がありますが、事実、耳が赤く腫れ皮膚炎を起こし、そのままにしてると細胞が壊死し、耳がもげてしまいます。アワビのハラワタ内にあるフェオフォーバイドという物質が日光に当たると一種の光合成により強烈な毒素を発生します。特に耳の部分は毛も少なく皮膚も薄いので光合成が起こりやすく毒素による影響の出やすい場所です。


チョコレート・コーラ
カフェインが含まれたものは下痢・嘔吐・尿失禁・けいれんなどの原因となります。特にチョコレートは多く食べると中毒を起こす恐れがあります。


塩分の濃いもの
塩分は足の裏からの発汗で放出するだけでほとんどが体内に蓄積されてしまうので、人間にとってちょうどよい塩分の食事を与えると肝臓障害や高血圧の原因になります。


牛乳
牛乳に含まれる乳糖という成分が元で軟便や下痢を起こしやすくなります。


生卵・生の豚肉
共に加熱調理すれば問題ありませんが、生卵はアビジンと言う成分が体内のビタミンバランスを崩し下痢の原因となります。生の豚肉には原虫がいる恐れがあります。


ヒューマンアカデミー トリミング講座

トリミング 教材 ヒューマンアカデミー トリミング講座
提携団体のバックアップで通信講座でもハンデなし。業界で求められるトリミングスキルを習得!



トリミング 猫

リンク情報

  相互リンク募集中

LINK1    LINK2    LINK3    LINK4

LINK5    LINK6    LINK7    LINK8


トリミング 実習