本文へスキップ

トリミング講座ガイド、業界で求められるトリミングスキルを習得

トリミング講座ガイド

トリミング 学ぶ

トリミング講座ガイドHEADLINE

ワクチン接種


ワクチンの種類や飼育し始めた時期によって違いますが「通常混合ワクチン」と言われる3種混合ワクチンの場合、生まれ持った免疫が切れる生後3か月頃に1回目、それから3週間後に2回目を行ない、その後状況により、半年から1年に1回程度の接種するのが一応の目安ですが、接種の時期やタイミングは獣医師に相談してください。
 
ワクチンの接種後は3日程度は安静にし、シャンプーなどは避けましょう。また、接種後は若干元気がなくなることはありますが、嘔吐、顔面の腫れ、じんま疹、食事をとらない・ぐったりしているなどの症状が診られる場合はすぐ獣医師に連絡してください。人間と同様ワクチンによる副作用やアレルギー反応などが希に見られる場合がありますので、ワクチン接種前に獣医師に相談してください。
ワクチンは、接種すれば感染しないと言うものではなく、感染しにくくなる・感染しても症状が軽く治療しやすくなると言ったものです。


犬の場合
伝染性肝炎・犬伝染性喉頭気管支炎・犬パラインフルエンザ・犬コロナウィルス感染症・ジステンパー・パルボウイルス感染症・レプトスピラ症などこれらのワクチンは混合ワクチンとして接種できます。


猫の場合
3種混合ワクチン(猫ウィルス性鼻気管炎(猫風邪)・猫カリシウィルス感染症(猫のインフルエンザ)・猫汎白血球減少症(猫パルボ))・4種混合ワクチン(3種混合ワクチン+猫白血病ワクチン)・猫白血病ワクチン・狂犬病予防ワクチン・日本脳炎ワクチンなど色々なワクチンがあります。


ヒューマンアカデミー トリミング講座

トリミング 教材 ヒューマンアカデミー トリミング講座
提携団体のバックアップで通信講座でもハンデなし。業界で求められるトリミングスキルを習得!



トリミング 猫

リンク情報

  相互リンク募集中

LINK1    LINK2    LINK3    LINK4

LINK5    LINK6    LINK7    LINK8


トリミング 実習